交通事故以外でも!予想以上に使える自動車保険

ガス欠について

ロードサービスの中でも、有名なのは、もしもガス欠になった場合に、現場にガソリンを届けてくれるというものがあります。
このガス欠についてですが、自動車保険によって、その条件がいろいろと変わってくることがありますので、注意しましょう。
例えば、ガス欠のロードサービスが利用できるようになるのは、自動車保険の契約が2年目以降になってからという条件をつけているところも結構あるといわれています。
また、ガス欠になったガソリンを届けてもらえる場所が限定されているというケースもあります。
普通の路上でもガソリンを受け取ることができるところもあれば、高速道路でガス欠になった場合に限り、ロードサービスの提供が受けられるという自動車保険もあります。
そのような場所の条件が付いている自動車保険で、その場所以外で、ガソリンの補給をしてもらうときには、有料になってしまうというケースもありますので、注意しましょう。
またロードサービスの提供を受ける場合には、保険会社によって、いろいろな手順が決められている場合もあります。
もしその手順を無視した、例えば、自分の方で自動車保険の指定するところではない、ほかの業者の手配をしてしまって、それで料金請求をしても、受け付けてもらえないという可能性があります。
ですから、もしロードサービスを受ける場合には、どのような手順でサービスを受けることになっているのかということについては、きちんとチェックをしておくようにしましょう。
Copyright (C)2017交通事故以外でも!予想以上に使える自動車保険.All rights reserved.