交通事故以外でも!予想以上に使える自動車保険

ひき逃げとは

もし事故を起こした場合には、加害者が被害者のケアをするということが義務付けられています。
しかし中には、怖くなって、加害者が現場から立ち去ってしまうということがおきることもあります。
これが俗にいうひき逃げということです。
もしかすると、あなたが歩行をしているときに、自動車にひかれて、その自動車がひき逃げをしてしまう可能性があります。
もちろん、ひき逃げは重罪ではありますが、ありえないことではありません。
ですからもしも自分がひき逃げにあった場合ということについて、想定をして、生活を送ることも大切ということができます。
もし自動車保険に加入をしているのであれば、人身傷害補償保険というものが付いているかどうかについて、確認をしておくといいでしょう。
もし人身傷害補償保険が付いている場合、ひき逃げにあってしまって、治療や仕事ができなくなってしまった場合の休業損害などがきちんとついてくるからです。
しかし自動車保険に人身傷害補償保険が付いているからといって、まだ、安心はできません。
というのも自動車保険の中には、契約車両に搭乗中の時だけ保障を受けることができるという条件になっているものもあるからです。
この場合には、ひき逃げの場合、自動車に乗っていないことになります。
ということは、補償の対象にならなくなってしまうことがあるので、注意をするようにしましょう。
もしもの場合の時のために、対処をすることを忘れないでください。
Copyright (C)2017交通事故以外でも!予想以上に使える自動車保険.All rights reserved.